ホーム>事業案内>一般住宅の方向け>屋根塗装工事

屋根塗装工事

色を替えて気分転換?

年月を経てあちこち汚れて貧相だから綺麗にする為?
確かに住まいの塗装には、建物を見た目にキレイにし、見栄え良く好みの雰囲気作りをするなどの視覚的効果もあります。 しかし、実はもっと重要な目的があります。それは防水機能・保護機能の復元です。
家は、建てられた瞬間から強烈な紫外線や水分・地震や台風などの振動・酸性雨・大気汚染物質などによって、老朽化し続け ています。長期間の耐久レースをしているようなもので、やがて外壁の割れ・屋根瓦のずれ・鉄部の錆・木部の腐りなどの傷 みがでてきます。放置すればその老朽化した部分から建物内部に水分がドンドン侵入し、さらに構造部分の老朽化を促進し ていくことになります。
 

コケで隠れた部分に...

コケで隠れているので見た目ではわかりませんが、コケが付着している部分は旧塗膜がはがれて、セメントがむき出しにな りザラザラになっている状態です。ザラザラになっているからコケが雨で流れ落ちずに、そのまま瓦に付着してしまうわけで す。

塗装前に高圧洗浄でコケを洗い流しますが、 洗浄が終ると、コケが付着していた部分が真っ白になり、旧塗膜がほととんど 残っていなかったのがおわかりになると思います。この真っ白になった部分を、荒地と呼びます。荒地が出ると、どうなるか?

セメント面がむき出しになると、雨や露が降った時に、少しずつ瓦の表面に水が染み込みます。水が染み込むことでセメント は劣化し、瓦表面はでこぼこになり、やがて塗装をしても キレイにならなくなってしまいます。

荒地面の劣化が進み、手遅れになる前の塗装をお勧めしたいと思います。わたしたち塗装屋も荒地面を隠すためにできる かぎりの事をいたしますが、劣化が進んだ状態ではそれにも限界があります。塗るからには、キレイで長持ちするように仕上 げて、お客様に喜んでいただきたい、 そう思っております。

また、コケが多く付着した状態で長期間放置しておくと雨漏りの原因にもなります。コケは水を含みますし、水が流れるのを さえぎることもあります。
流れるのをさえぎられた雨水が、瓦の継ぎ目に流れ込んだり、瓦を屋根に打ち付けるための釘穴(瓦の継ぎ目の中に隠れて います。)から染み込みます。

雨漏りしてからでは、塗装が出来ないという状況の事が多々あります。葺き替え工事になる前に早めの塗装を心がけましょう。

トタン屋根施工例

イメージ

施工前

イメージ

施工中

 

コロニアル施工例

塗装

施工前

イメージ
イメージ

 

イメージ
イメージ

 施工後

イメージ


イメージ

施工前

イメージ

施工後


イメージ

施工前

下矢印

イメージ

施工前

イメージ

下塗り

イメージ

施工後


イメージ

施工前

イメージ

施工前

下矢印

イメージ

施工後

イメージ

施工後


施工前

施工前

イメージ

施工前

 下矢印

イメージ

施工後

イメージ

施工後

釘抜け・釘浮き

イメージ

施工前

イメージ

施工後


イメージ

施工前

イメージ

施工前

下矢印

イメージ

施工後

イメージ

施工後

 

漆喰施工例

屋根に使われている漆喰は、太陽光、雨風、排気ガス等のさまざまな外的要因によって劣化が進みます。
漆喰の剥離やひび割れなどは、そのままにしておくと隙間から雨水が浸入し屋根裏の野地板や棟木を腐らせてしまう恐れが あります。

漆喰の寿命は約10年です。定期的な補修が必要です。

施工前

イメージ
イメージ

 

イメージ
イメージ

 摘み直し

イメージ
 

黒南蛮

イメージ
イメージ

 

イメージ
イメージ

 

イメージ
 

 ストレート屋根

 

イメージ

膨れ、はがれ、割れなどがあり旧塗膜がほとんど残っていない。表面に凸凹がある。

イメージ

色あせ、チョーキング程度で旧塗装が全面に残っている。

 

イメージ

塗り替えした塗膜が色あせ、チョーキングやはく離が目立っている。

イメージ

劣化が表層だけでなく、かなり深部まで至っており、基材そのものを強化する必要がある。

 

 

いつでもお気軽にお問合せください!現地調査&お見積もり無料!メールでのお問い合せはこちら
ページ上部へ